交際クラブに登録する際は入会金・紹介料・年会費に着目せよ!

倶楽部に登録する際は、入会金・紹介料・年会費に着目せよ!

今回は、全国の交際クラブでパパ活をする女子の為にどういう倶楽部が1番パパ活が成功するのかを管理人の私が分かりやすく纏めました。

成功の秘訣は、入会金や紹介料や年会費などの値段にあった!?

その驚くべき事実をご覧下さい!

 

超高級交際クラブのデメリット

ここで言う超高級交際クラブとは、入会金が20万円を超える交際クラブと定義します。

当然コースの上級コースがこの値段の設定の場合は普通ですが、30万円以上が最低の値段orそのコースのみの場合は超高級と言えるでしょう。

交際クラブを選ぶ女性は、必ず入会金や紹介料や年会費をチェックして登録する倶楽部を探します。

ほとんどの女性は、なるべく男性が高い料金を払う超高級交際倶楽部に登録をしたいと考えているはずです!

しかし、探せばそんな倶楽部は沢山ありますがそこには幾つかの落とし穴が存在しています。

それは下記の3つです↓

①男性会員自体が少ない
②自分のライバルが果てしなく多い
③そもそもそれ程お金持ちではない

順番に説明していくと、①の男性会員自体が少ない理由からいきます。

料金が高い倶楽部は、最近では交際クラブ詐欺も流行っているために男性も警戒していて入ってくることが少ないのです。年に1人入ってくるかこないかといったところでしょう!

例え老舗の交際クラブだとしても莫大な年会費がかかるので更新前に退会する会員が増える一方、入ってくる会員が少な過ぎるので結果的に男性会員の数が10人をいっている倶楽部が今も存在するのか怪しいところです。

それに対して、②のライバル女性は必ずセレブとの出会いを夢見て日々5人は登録に訪れています。男性1:9くらいと考えると、今では指名が入る確率はかなり少ないでしょう!

こういう状況になると運営自体が出来なくなってくる可能性が高まります。

潰れてしまう倶楽部も沢山ありますが、生き残る倶楽部は打開策としてある方法を取ろうとします。

これが③であげた理由にもなりますがそれがよく聞く入会金無料キャンペーンみたいなものです。

HPには書いてなくても、電話でお問い合わせしてきた男性にさりげなく伝えてまずは入れて紹介料だけでも取り利益をあげようとします。

そんなキャンペーンで入会した男性は、むしろ入会金3万円〜5万円の交際クラブよりも質がかなり低下しているのでセレブとは呼べません。

 

格安交際クラブのデメリット

交際クラブ業界の中では、男性が払う入会金や照会料や年会費が安過ぎる交際クラブも存在します。

こういう倶楽部では、超高級交際クラブとは逆の現象が起こります。

つまり、男性会員が多く女性が集まりにくいという状況です!

女性としては、指名されるチャンスは多く存在しますので、超高級交際クラブよりはメリットもあります。

しかし、やはり安いサービスなので紳士はあまりいないでしょう。

管理人の私はがっついてしまう男性の方が多いという印象を持っています。

 

高級と格安の中間の倶楽部が1番

交際クラブは、実は料金が高すぎる事が無く安過ぎる事もない中間の値段設定になっている交際クラブが最もお勧めできます。

値段的には、入会金で3万円〜5万円程の交際クラブになります。

多くの老舗倶楽部はほとんどが皆この値段設定になります!

理由としては、紳士な男性も多くて男性会員の数も多いからです!

老舗の仲の良い倶楽部では、1,000人以上も男性会員を抱えています。

当然、毎月利用する男性は半分いないくらいではありますが女性としてはかなりチャンスがある状況です!

当然、皆さんお分かりでしょうが交際クラブでパパ活するなら入会金が3万円〜5万円程の中級交際クラブを探して下さい。

最もパパ活女子が成功しやすく、同時に満足感を最も得られやすい倶楽部になります!

 

東京や地方の交際クラブでパパ活する女性にお勧めできる倶楽部

東京でお勧めできる倶楽部は、東京の交際クラブ求人ランキング掲載中のランキング3位〜1位の倶楽部であれば間違いはないでしょう。

長い運用実績に事細かく親切なスタッフの対応も含めて未経験の女の子でも安心して登録できます!

また、値段設定も高級と格安の中間なので、紳士な男性会員も非常に沢山いらっしゃいます。

是非、興味ある方は下記の求人ランキングにある応募ページorこちらのお問い合わせからご応募下さいね。

※当サイト提携の東京の交際クラブに登録する女性会員500人+皆様の投票で決まる最新版東京の交際クラブ求人ランキングはこちら↓

東京の交際クラブ求人ランキング

 


関連記事


東京の交際クラブ求人ランキング

  1. No.1銀座ハートクラブ

    銀座ハートクラブ

  2. No.2六本木ヴェルサイユ

    六本木ヴェルサイユ

  3. No.3ユニバース俱楽部

    ユニバース俱楽部


おすすめ記事